Spider's Fishing Blog

愛媛在住シーバスアングラーのブログです。

ワールドシャウラ 2833RS-2

19 WorldShaula 2833RS-2

 

購入して約半年、シーバス相手に使用していました。

購入に当たり、2953R-3を所有しているので、2832RS-2とすごく悩みましたが 2832RS-2は、15EXSENCE S900MH/R と使用レンジが被るので、2833RSを購入し、その後 2831Rを普段使い用として購入しました。

 

 
今のシーバスロッドで、レギュラースローテーパーにカテゴライズされるロッドは皆無だと思うので、使ってみるまでは未知のロッドでした。

 

 

スペック

2833RS-2 ハイパワーファイティングスペシャル

キングサーモンを仕留めるための 美しい曲がりのモンスタースペシャル

キングサーモンをメインターゲットとして開発。35gをゆうに超える重量級ルアーもブレなく振り抜く遠投性能と、モンスタークラスのファーストランをしっかりと受け止め、美しい曲がりを維持するだけで寄せてくる驚愕のパワーを誇ります。

 SHIMANO NEW WORLD SHAULAより引用

 

  • 発売: 2019年4月
  • 全長: 2.51m
  • 継数: 2本
  • 仕舞寸法: 130cm
  • 自重: 135g
  • 先径/元径: 2.2mm
  • 適合ルアー: 10〜50g
  • 適合ナイロン: 12〜30lb
  • 適合PE: MAX3号
  • グリップ長: 315mm
  • テーパー: RS(レギュラースローテーパー)
  • カーボン含有率: 99.9%
  • 定価: 74,500円 

 

下記に、先代~先々代モデルとのスペック比較を記載しておきます。

ウェイト
  • 青  175g
  • 赤  170g (-5g)
  • 超赤 135g (-35g)
    コルクグリップの廃止と相まって随分軽くなりました。
    -35g(青シャウラ比 -40g)の軽量化はすごい。
ルアーウエイト
  • 青  10~50g
  • 赤  15~60g
  • 超赤 10~50g
    ルアーウェイト -10gは当てになりません。
先径/元径
  • 青  2.0/11.5mm
  • 赤  2.1/11.5mm
  • 超赤 2.2/----mm
グリップ長
  • 青  307mm
  • 赤  307mm
  • 超赤 315mm (+8mm)

グリップ長は、ワールドシャウラの場合ダウンロックですが、後グリップの金色のワインディングチェック(リング)までの距離です。
EXSENCEなどのアップロックのロッドと比べる場合は、+60mm程度を加算すると目安になります。

価格(税別)
  • 赤  79,000円
  • 超赤 74,500円 ( -4,500円)
    コルクグリップ廃止で安くなりました。
ティップセクション比較
  • 17114Rより、太くて柔らかい
  • 2953R より、太くて固い

 

継は逆並継で、ティップ側が太く、バットが細く、バット側の肉厚は、約 1.5mmのブランクスになってます。
ティップセクションは、硬くハリがあってシャープな感じがするけど、魚が掛かるとよく曲がり込む作り。(シマノ ダブルX構造のロッドにある特徴)

 

使用感

18ステラ4000XG と合わせても、軽く短いレングスと相まって操作性は抜群です。
ミディアムヘビーのロッドなのに、軽くて投げやすい凄いロッドです。
ディープウェーディング時も、適度なグリップ長なので邪魔にはなりません。


赤シャウラの 2832RS-2と比べても 155gでしたから、新2833RSは 20gも軽いです。
旧モデル比 -35gの軽量化は、すごい武器だと思います。
軽くなっても、持ち重りは特に感じてません。

 

キャスティング時も、ロッドが適度に曲がり疲労感は少ないです。
流石に、12g以下になるとロッドが曲がらず投げづらいですが、タラシを長くとればスピニングロッドなので十分に投げられます。
たとえば 3/8oz(10.5g)の X-80は投げづらいけど、12gの X-80 LBOは投げやすく感じます。ミノーでは、1/2oz(14g)前後が、投げられるルアーの境界になりそうです。


12cmクラスのルアー(20g前後)から、40g程度の160cmミノーが投げやすい範囲のルアーになると思います。


ジョイクロなどの 2oz(56g)級ルアーは普通に投げられます。
回転しないルアーなら、50g程度のミノーでも、狙った所に打ち込めます。

 

対シーバスロッドとしては強すぎると思われるけど、素直に曲がるロッドなので、対シーバスにおいても十分に対応可能です。
春の購入時点からシーバスを大小合わせて 10本以上は釣りましたが、決して強すぎるロッドだとは感じてません。
曲げれば曲げるだけ強くなるロッドなのですが、綺麗に曲がってくれるので中型サイズのシーバスでも十分楽しめます。
シーバスメインで 1本だけと言われると、やはり 2832RS-2がオススメです。

 

普段使いで 2831R、ルアーウェイトが重い場合や、青物が混ざる場合、激流の釣り場などでは、2833RSと使い分けています。

 

ファーストフィッシュだった、春のシーバス50cmクラスでも、綺麗に曲がっていたので、最初60クラスと勘違いするほどでした。
その後、ストラクチャーが多い磯場で、磯マル 79cmも釣りましたが、全然余裕でファイトできます。
 
秋には、ランカーサイズを優に超えるタイリクスズキを、VJ-16でやり取りし残念ながら、ネットを持ってなくて、グリップでのハンドランディング寸前にフックアウトしましたが...
VJ-16の細いフックでも伸びてませんでした。
 
そういえば、初夏に釣った真鯛でも、VJ-22のフックは伸びてませんでした。
レギュラースローテーパーの曲がりは、フックに優しいのかもしれません。 

写真のリアフックは、真鯛(58cm)に噛まれ曲がっています。

 
ロッドの曲がりこみ半径が大きいので、さほど魚が暴れず、魚とのやり取りは落ち着いて出来ます。
ロッド全体のパワーも有り、他のワールドシャウラ同様に、曲げこめば、自然と魚が浮いてくる印象で、過去に使っていたファーストテーパー系のロッドの時は、やり取り時に時折、焦ったりしていた記憶があります。


色んなシチュエーションで使用して、大変満足できるロッドだったのですが...
 

2833Rの弱点

残念ながら先日の遠征で、使いにくい場面がありました。
それは、重めのルアーのジャーキングが苦手です。 

 

トップウォータールアー等の連続トゥイッチアクションでは、扱い辛さは感じませんでしたが、メタルジグやダイビングペンシル等のジャーキングの操作が苦手です。
ジグのハイピッチジャークや、ダイビングペンシルのロングジャークが辛いです。

 

そこで先日、同じ 3パワーのロッド 3本を持って実験して見ました。

 使用したルアーは、シマノ オシアペンシル 150F 46g

2833RS-2ではロッドの曲がりがベリー(中心付近)まで曲がるので、快適ではなく違和感と長く続けると疲労感が残ります。

 

2953R-3の方が、ティップは柔らかい物のベリーの張りが強く、ダイビングペンシルの操作は、長さの差が 38cmあることからも快適に出来ました。
ただ、ウェーディング時には、グリップの長さ(365mm)が気になります。

 

1753R-5 は7ft 6inで海で使用するには短いと思われるレングスですが、流石にロングジャークは長さ故に難しいですが、短さを生かした連続ショートジャークでダイビングペンシルを長い時間水中にダイブさせる事が出来ます。ルアーにアクションを付けるにはショートロッドが使いやすいですね。

 

飛距離は、3本とも大差ない感じでした。

 
ショアジギでの、ジグやダイビングペンシルの操作は、『コルトスナイパー』等の、ややレギュラーファースト系の専門ロッドの方が、全体的なロッドのハリが強いので、最適だとは思います。
 
ワールドシャウラ特有の投げ心地や、やり取りでの安心感は特出する物が有るのですが...
 
上記のジャークアクションだと、手持ちのワールドシャウラの中では 17114R-2 が一番快適に操作出来きますね。ショアジギロッドの全体的な硬さが、17114Rに近いのでしょうね。

 

最後に

2833RS-2は、60LB(約27Kg)を超えるキングサーモンを、相手にする為のロッドですが、使ってみて 10分の1程度の魚を釣っても楽しめる、懐の広いロッドだと言うのが、よく分かりました。

 

店頭で触ると無負荷の状態では硬い感じのするのですが、どんな魚が掛かってもベンディングが綺麗に曲がるので汎用性は高いと思います。(ワールドシャウラの共通点です。)
やっぱり一番のメリットは軽くなった事で、これだけのパワーロッドでも一日中投げても疲労感は、あまりありません。
やはりロッドはの重量は『軽さが最大の武器』です。

 

今後、2953Rなどの 9フィート超えのロッドもカーボンモノコックグリップで軽くなるのでしょうね。


ソルトシーンで使っている人が少ないのか、レビューしてる方もあまり見かけませんので、今回ブログに書き込んで見ました。気になっている方の参考になれば幸いです。