Spider's Fishing Blog

愛媛在住シーバスアングラーのブログです。

New ワールドシャウラの欠点?

New WorldShaula

 2018年から、新しくなったワールドシャウラ(SuperRed)

 

 東レ ナノアレイ プリプレグを使用した、スパイラルXコアを全面に採用し、レッドモデルよりも更に、もっちりと粘り、シャープでより軽くなったブランクスで、キャストしても、魚を掛けても気持ち良い使用感が気に入ってます。

 

ただ自分は、ソルトメインなので、7.5ft未満のロッドは所有してません。

 

 

スピニングロッド

スピニングモデルには、今のところ何の不満もありません。


特に、2833RS-2は、先代の赤シャウラよりも、35gも軽くなり、値段も 4,500円安くなってます。

先々代の青シャウラと比べると、なんと 40gの軽量化!

 

コルクのロンググリップを廃止しても、この「軽さは武器」です。

 

コルクグリップは、海で使った後、水洗いするのですが、パテが落ちてコルクの目抜けが酷くなる。
頻繁に使うロッドなら、年に一度くらいパテ埋め作業が必要になるし...

 

EVAの方が重くてもソルトロッドには、メンテナンスフリーですよね。

 

どうせなら、セフィアリミテッドみたいに、カーボンシェルグリップと、カーボンモノコックグリップのコルクやEVAを完全に排除したオールカーボン仕様でもかまわないと思いますが...

カーボンシェルグリップ

カーボンシェルグリップ

ただ、シマノのカーボンモノコックグリップは、傷が付きやすいので

コアマン シリコンロッドマーカーを装着しています。
ロッドパワーを色で区別できるので便利ですよ。


ワールドシャウラ テクニカルエディション(エリアトラウト用)は、フルカーボンモノコックでしたね。

 

ベイトキャスティングロッド

ベイトモデルの7ft以上に搭載された Xシートは、別にトリガー交換できなくても良かったのでは...

 

X-SEAT

X-SEAT

一応、夢屋 X SEAT カスタムトリガー TypeWR(後方タイプ)も試しに購入しました。


カルコン300用に、トリガー位置を下げて使ってますが、別に必要かと言われれば、なくても十分に使えます。

3フィンガーから、フルフィンガーで握れば楽にやり取りも可能なのでしょうが、そんなでかい魚は釣ってません(爆)

 

 X-SEAT活用法

ここからは、お遊びですが...

ワールドシャウラ17114R-2のトリガーを取り外し、スピニングリールを取り付けて見ました。(笑)

 

 COREMANのIP-26をぶん投げて見たところ、意外にもよく飛ぶ...

 

意外と使えそうなんだけど、4パワーのスピニングロッドって何に使うんだろう?

 

Xシートのメリットとして、スピニングリールも付けられるって所でしょうか?

 

う~ん、いまいちですね(苦笑)...