Spider's Fishing Blog

愛媛在住シーバスアングラーのブログです。

シーバス用メインタックル(スピニング)

WorldShaura 2831R-2

追記: 2019/11/16 鱸が釣れました。

 

自身2本目となる Newワールドシャウラ(スーパーレッド) スピニングモデルです。

最初に 2833RS-2を買い、レングスがとても扱いやすかったので、汎用的に使えそうな 1パワーのロッドを買い足しました。
もしかしたらシーバスロッド・カテゴリーでの、オカッパリ最強ロッドなのかもしれません。

スペック

2831R-2 テクニカルファイティングスペシャル

河川や港湾に潜むランカーを仕留めるために開発されたロングテクニカルスピン

高バランス化と軽量化により、ナチュラルなアクションからトリッキーなトゥイッチまで自由自在に演出。ややスロー寄りなレギュラーテーパーのブランクスは、魚の動きにどこまでも追従してバラシを軽減します。

SHIMANO NEW WORLD SHAULAより引用

 

  • 発売: 2018年4月
  • 全長: 2.51m
  • 継数: 2本
  • 仕舞寸法: 130.0cm
  • 自重: 117g
  • 先径: 1.7mm
  • ルアーウェイト: 5~15g
  • 適合ライン(ナイロン): 5~12LB. (PE): MAX1.2号
  • グリップ長: 305mm
  • テーパー: レギュラー(R) → ややスロー気味
  • カーボン含有率: 99.8%
  • ガイド数: 8個 (最小 トルザイト 7mmΦ / トップ SIC 7mmΦ)

グリップ長は、ワールドシャウラの場合、グリップ部のワインディングチェック(金色のリング)からグリップ後端までの長さになります。

 

唯一 283シリーズのみ逆並継ぎで、バット側の継ぎ目がティップ側の継ぎ目より細くなってます。(バット側にティップを被せる構造)
したがってバット側のブランクスは細身で厚巻きですが、逆並継のジョイントと相まって、ややレギュラースローなアクションを実現しています。
ワールドシャウラの他のモデルは、並継ぎになってます。 

左 2833 右 2831 バット部分はいずれも細い

ワールドシャウラは仕舞寸法:130cmなので、8フィート3インチモデルだと、センターカット・ツーピースとなります。
9フィート以上のロッドは、構造上 スリーピースモデルになります。
(2953R-3 の 9フィート6インチモデルは、センターカットツーピース + グリップジョイントの三本継です。)

 

使い勝手

ワールドシャウラのサクラマス・シーバスモデルです。

繊細で、柔らかく、愛媛のシーバスシーンにおいて、港湾、ウェーディング、河川と場所を選ばずに使用できるでしょう。

 

8フィート3インチと若干短いですが、大口径のトルザイトリングのガイドにより飛距離が出ますので、9フィートロッドに引けを取らないと思います。

 

短くて軽いロッドなので、一晩中キャストしてもまったく疲れが出ません。
大型のシーバスでも、強靭なバットで浮かせられるので、安心してやり取り出来ます。

 

流石に、磯やサーフから、青物も混ざる場合などでは、2833RS-2や、2953R-3を使用していますが、ほとんどのシチュエーションで、2831R-2を使用しています。

 

ルアーウェイトは、Max15gなので不安に感じる方もいらっしゃるとは思いますが...
そこはワールドシャウラなので2倍程度の重さは投げられます。
先日も、30gまでのメタルジグを投げてましたが、キャスト時に、少し曲がりすぎる感じはあるものの普通に投げられます。20gジグだと快適ですね。

自分が使っている、一番軽いルアーの 3gジグヘッドに 2.4インチワームも普通に投げられます。
使っているプラグでは、60~120mm、ウェイトは 6~25g程度になります。

 

ルアーのウエイトを乗せ、反発を生かしたキャストが出来るので、一日中投げても体の負担が少なく気持ち良い釣りができます。

 

合わせるリール

  • 19ヴァンキッシュ C3000XG
  • 13EXSENCE LB C3000MHG

これらのリールを組み合わせて使用しています。

 

軽いロッドには、軽いリールが良くフィットします。
19ヴァンキッシュは、感度も良く、2831Rとのマッチングが最適だと思います。

 

夢屋セフィアカラーのカスタムスプールを付けると、カラーマッチングもバッチリです。

19ヴァンキッシュ以降の汎用スプールは、2019年秋には、セフィアカラー(オレンジ)、EXSENCEカラー(マットブラック)、コルトスナイパーカラーも追加発売になります。
ステラ互換なので、ステラに取り付けてみるのも面白いかもしれません。


バチ抜けシーズンには、ハンドル1回転の巻き量を抑えるために 18ステラ C2500HGSも使用しています。

 

使ってみた感想

ワールドシャウラを使いだしてから、シーバスロッドのカテゴリーで多い 9フィート以上の長いロッドの必要性をあまり感じなくなりました。
よく飛ぶし、軽いし、パワーもあり、投げても、8フィート3インチのショートレングスで、思い切り振り抜ける感覚が、とても気に入ってます。

 

ルアーレンジが広く小さいルアーも得意なので、小型のリールに替えてチニングや、メッキゲームにも十分使えます。

プラグだと、空気抵抗の大きさにもよりますが、25g以下なら余裕です。

愛用している、コアマン・ルアーだと以下のラインナップが得意です。

  • PB-13
  • PB-20
  • IP-13
  • IP-18
  • VJ-16
  • RJ-7
  • RJ-10
  • PH-02 パワーヘッド(3g~15g)
  • ADH-01アルカリダートヘッド(7g, 11g)

その他、IP-26や、PB-24、VJ-22、BC-26なども、ややオーバーウェイトですが投げられます。
バックチャターも来年には、小型の BC-13が発売になるので楽しみにしています。
ウェーディング以外では、これ等のルアーを、ThirtyFour FREELYレッグに詰め込んで Run&Gunしています。

 

とにかく投げて気持ちいいので、今ではお気に入りNo.1 ロッドになってます。

なぜか2831Rとヴァンキッシュの組み合わせでシーバスが釣れてくれません...
バラしてばっかりなので、最近ちょっと意地になって使用頻度が上がってます。

 

ミドルクラスのシーバス用ロッドとしては、2832RS-2 がベターだと思いますが、自分のフィールドで、主に使用しているルアーウェイトを考えると、やはり 2831R-2 がベストだと実感しています。

 

 

釣った魚

ファーストフィッシュは、良型のアジでした。

その後...

本命の鱸は、ことごとくバラしていたので、ただの五目釣りロッドになり、鱸の釣れないロッドになってましたが...

 

やっとのこと、9魚種目にして、念願のシーバス 79cmが釣れました。


自分のジンクスで、ファーストフィッシュが本命以外だと、鱸の釣れないロッドになるので、鱗付けは慎重に行ってはいたのですが... 今回もジンクス通りになってしまいました。

このサイズでは、かなり曲がりましたが、バットパワーで余裕で寄せて来れます。
ヒットルアーは、EXSENCE Goliath Hi 145F(25g)ですが、普通にキャストしてました。
今考えると、オーバーウェイトでしたね。

 

開発コンセプト通り、ほぼランカーサイズも仕留めれました。
魚とのやり取りでの安心感は、1パワーのロッドでも十分に継承されています。
さすがワールドシャウラですね。

 

2020年の春に、ミドルクラスのベイトロッドの1832を買い足せば、自分の理想とするタックル構成が完成する予定です。