Spider's Fishing Blog

愛媛在住シーバスアングラーのブログです。

ソルトでのベイトタックル

近年、ベイトリールの進化が目覚ましく、ここ数年で新しいリールが発売されている。


シーバスゲームでも、ベイトタックルを使う人も増え、ロッドもバリエーションが増えてきました。

 

2014年に一旦諦めかけた、ベイトシーバスですが...

悪名高き、12EXSENCE DC LEFT
DC制御が強すぎて、飛ばないリールでした。 

この時、初めて左巻きのベイトリールを買ったのですが使いづらく、現在は、全て右巻きのベイトリールを使ってます。

 

2015年頃に、なかなか理想のベイトキャスティングロッドに出会えないので、シマノのダブルX構造のブランクスを使って、ロッドを自作しようと、リールシートや、ワインディングチェック、塗装・接着素材などを吟味していました。


凝り性なので、アルミ・アルマイトの加工屋さんにも見積もり取ったりしてましたが、中古でワールドシャウラ1754Rを手に入れてキャストしたところ、「こりゃあ敵わないや」と思い自作を断念しました。(笑)

 

自分も、ここ5年くらいシーバス・ゲームで、ベイトタックルを使用していますが、とにかくキャストが楽しいし、スタードラグを駆使しながらの、やり取りも楽しい。

 

ベイトタックル一本では、シーバスで使われるほぼすべてのルアーをカバーするのも難しいし、使用するルアーのウェイトの範囲でタックルバランスを取らなければいけないし、なにかと物入りになります。

 

 

 ベイトキャスティングタックル

自分の使っているタックルですが、軽いルアー用から紹介します。

 

ややライトタックル

現在のメインタックルで、ウェーディングから港湾部で使用
軽めのルアー(7g)から、1oz(28g)位の物を投げているタックル

  • 15LUNAMIS B806ML(Max32g)
    ややレギュラーファースト
  • 19ANTARESS HG PE1.5

 

飛距離重視のタックル

ナブラ打ちや、飛距離を重視したい場面で使用

また、磯からのシーバスや真鯛ゲームで使用、時にはビッグベイト(2oz~3ozクラス)

  • 18ワールドシャウラ 17114R-2(Max80g)
  • 18ANTARESS DCMD XG PE2~3

ビックベイトタックル

主に、高知釣行やジャイアントベイトで使用

  • 18ワールドシャウラ 1785RS-2(Max140g)
  • 15CALCUTTA CONQUEST300(HG改)

モバイルタックル

これに、バイク釣行や遠征時の釣行用に

  • 15ワールドシャウラ ツアーエディション 1753R-5(Max40g)

 

主にメインで使っている、15LUNAMIS B806MLは、2020年に発売される予定のワールドシャウラ 1832に買い替える予定です。


悪いロッドでは無いのですが、ガイド径が5.5mmφなので、スナップが通せないのが嫌いです。

 


ベイトタックルでのシーバスゲームでは、シマノリールの中ではDCブレーキが好まれて(EXSENCE DCがあるから?)いると思いますが、自分は遠心ブレーキ(SVS)の方が好きです。

 

DCブレーキのリールは、初心者受けは良くても万能ではなく、構造上スプールの中心にマグネットが入っているので重量が重くなり、ナイトシーバスで多用される軽めのルアーはやや苦手です。

シマノ・ベイトリールのスプール重量

  1. 16アルデバランBFS XG(32mmφ) 7.7g
  2. 18アルデバランMGL(32mmφ) 12.4g
  3. 13メタニウム(34mmφ) 12.4g → 旧型のSVSインフィニティ
  4. 14カルコン100(36mmφ) 13.2g → 旧型のSVSインフィニティ
  5. 19アンタレス(34mmφ) 13.4g
  6. 18バンタムMGL(34mmφ) 浅溝 13.9g
  7. 16メタニウムMGL(34mmφ) 14.1g
  8. 夢屋 16メタMGL用 深溝(34mmφ) 14.7g
  9. 18バンタムMGL(34mmφ) 14.7g
  10. 12アンタレス(37mmφ) 15.2g  → 旧型のSVSインフィニティ
  11. 14カルコン200(40mmφ) 17.0g → 旧型のSVSインフィニティ
  12. 15メタニウムDC(34mmφ) 17.1g
  13. 16アンタレスDC(37mmφ) 18.2g
  14. 17エクスセンスDC(37mmφ) 18.8g
  15. 18アンタレスDCMD(38mmφ) 18.9g
  16. 15, 18カルコン300(43mmφ) 29.7g
  17. 15, 18カルコン400(43mmφ) 32.3g

どのリールが自分にあっているか、スプール重量を参考にしていただければと思います。

 

自分で、リールの分解・整備が出来るので、あえてソルトでも 19アンタレスをメインに使かってます。

 

 

個人的に、スプール重量が軽いからと言っても、12アンタレスはオススメできません。

スプールが、G FREE SPOOL3: マグネシウム製なので、海で使うのは腐食が避けられないと思います。
(釣行毎に、ラインを外すのであれば良いと思いますが。)