Spider's Fishing Blog

愛媛在住シーバスアングラーのブログです。

マルチスプールオペレーション

複数スプールでの運用

現在、使っているリールのほとんどに、マルチスプールオペレーションを実践しています。

 

  • SHIMAO 06BB-X TechniumMg 4000D DH改
  • SHIMAO 13EXSENCE LB C3000HGM DH改
  • SHIMANO 18STELLA 4000XG
  • SHIMANO 18STELLA C2500SHG
  • SHIMANO 19Vanquish C3000XG

各々のリールに、各々2~4個のスプールを運用していて、ライン号数、リーダー号数別に、スナップや、BOUZリングを取り付けて運用しています。

 

スプールベルトでお気に入りなのは、

  • ダイワ ネオスプールベルト(S、Mサイズ)

なんといっても、このスプールベルトが、一番使い勝手が良いです。

 

スプールのストッパーは一切使用していません。 

 

スプールポーチは、過去に磯釣りで使っていた、ポーチのメッシュ部分を、フローティングベストの背面ポケットに入れてます。

スプールポーチ

PC-013D スプールポーチ
  • シマノ スプールポーチ PC-013D(廃盤)

 

 

大口径ガイドのワールドシャウラを中心に使用していますが、旧EXSENCEや、DIALUNAモバイルなどの、ガイドにスナップが通らないロッドも、ガイドを交換することで内径を上げ、スナップもガイドに通せる工夫をしています。

 

ナイトゲームの際に、ラインブレークしても、スプールごと交換し暗闇の中でもリーダーや、スナップを結ばずにガイドを通すことが出来ます。

 

ガイドの内径

  • SIC-J 5.5Φ - 3.50mm
  • トルザイト 5.5Φ - 4.10mm
  • SIC-J 6Φ - 4.10mm
  • トルザイト 6Φ - 4.79mm
  • SIC-J 7Φ - 4.80mm

シーバスロッドで採用されている 6mm口径のガイドには、残念ながらスナップやソリッドリングを通すことが出来ません。
(スナップは、サイズにもよりますが、開いた状態だと通ります。)

 

シマノでは、チタン・トルザイトガイドを使用しているロッドでも、トップガイドはSICになってます。
(糸鳴きと、ガイドの割れ対策だと思われます。)

 

ガイド直径(内径)を合わせるなら、ワンサイズ上の SICにすれば良いと思うのですが...



自分は、スレッド巻きも出来るので、トップガイドが SIC-J型の6mm径だった場合、トルザイト F型の6mm径に交換してます。(主に EXSENCEなどのシーバスロッド)

スナップやソリッドリングを通せるように改造しています。

 

スナップは、コアマン こだわりスナップ(#1)や、BOUZリングの 70, 100, 130lbs.を通すことが出来ます。

(ワールドシャウラは 7mm、8mm口径のガイドです。1パワーのショートロッドは除く)

 

BOUZリングに合わせる、ソリッドリングは、デコイ GPリング #3(3mm × 4.6mm)に BOUZリング(70, 100, 130lbs.)をセットして、シーバスゲームから、ショアジギングまでを行っています。

 

GPリング

デコイ GPリング

GPリングは、自分が知っているソリッドリングの中で、幅が最小の 4.6mmです、
SIC-Jガイドだと 7mm径(トルザイト 6F)のガイドに通せます。

BOUZリングは、70LB.、100LB、130LB.は、7mm径の SIC-Jガイドに通せます。

BOUZリング

BOUZリング