Spider's Fishing Blog

愛媛在住シーバスアングラーのブログです。

PEライン「ベイトリール」

ベイトリールに使っているPEライン

自分がベイトリールで使っているPEを紹介します。

バックラッシュした場合、解きやすさや、ラインの食い込みなどによる高城れに強そうなので、基本的には 4本編ラインを使用しています。

18アンタレスDCMD と カルコン300は、工具が無いとスプールが取り外せません。

自分は、ブレーキユニット固定ネジを フレーム固定ボルトの交換をしているので、ヘキサゴンレンチをリール収納ケースに入れ、車に常備しています。

 

 
最近良く使っているPEラインは、以下の4種類 

 

XBRAID UPGRADE X4(YGKよつあみ G-Soul X4 Upgrade)

ベイトアングラーの中では、一番人気のラインなのではないでしょうか。

直径が基準通りで、他のPEラインより細く感じます。

XBRAID UPGRADE X4

何故か、高切れにも強い気がします。

 

1mのピッチマーキングも嬉しいカラーのX4には、サテライトシルバーとグリーンの2色があり、自分はシルバーを好んで使ってます。

1.5号より細いラインでは、G-Soul X4 Upgrade PE を好んで使ってます。

2020/3よりカラーリングも変更になってます。

  • 19アンタレスに 1.5号を150m巻いて使ってます。

2020年3月に名称とパッケージが一新されます。

全てのラインの名称が 『X-BRAID』になるそうです。

フローティングと、サスペンドがあり、サスペンドは OHDRAGON の後継です。
コーティングなどを見直しているそうです。

お買い求めの際は、上記パッケージをご確認ください。

 

シマノ TANATORU 4

50m毎の5色カラーが見やすく 1mピッチのマーキングが見やすいです。

何メートル飛んだか把握したい時に使ってます。姉妹品に単色のピットブルがあります。
コスパの良いPEラインで普通に使えています。

  • アンタレスDCMD XGに 2号を200m + 下巻き(#2-40m)で使ってます。

 

シマノ OCEA JIGGER MX4 PE

ここ数年では、一番のお気に入りラインです。
4本編みのラインですが、メルトクロス工法で、PE原糸を熱で溶かし4本ラインを溶融しています。

バックラッシュして解く時にも、編み込んだ各ラインが分離しないので強度が落ちない様に感じます。

独特のコシがあり、どちらかと言えばゴワゴワな印象のラインです。バーチカルジギング用なので、キャスティングにはあまり向いてないと思いますが、使い勝手が良いので愛用しています。

コーティングが多目なので色落ちと、ガイドやレベルワインドに色移りがあるので気にしない方であれば大丈夫でしょう。

  • アンタレスDCMD 予備スプールに 3号を150m + 下巻き(#3-10m)
  • 15カルコン300 に 3号を200m + 下巻き(#3-10m)

 

DUEL BIG PE

8工法(ヒートインテグレーションプロセス)は シマノ OCEA MX4と同じなので、こちらがOME元なのかもしれません

5号以上は、8本編になってます。販売が 135m巻きと 275m巻きで、50m単位での販売になっていないので注意してください。

  • 15カルコン300 予備スプールに 5号を150m程度巻いています。

 

気になるPEライン

2020年は、ダイワから 300%摩擦に強い TOUGH PE採用の 『DURAセンサー + Si2』シリーズが発売になっています。

残念ながら 4本編ラインは細いバリエーションしかありません、8本編のバリエーションは対象魚種に合わせて多いです。 

摩擦に強い Si2コーティングが気になるのでぜひ使ってみたいですね。

 

20メタニウムのスプール・バリエーション

黒田 健史プロのTWITTERより引用

 

20メタニウムのスプールは 19アンタレスと同じ 70番スプール(12lb-100m)です。
5月に夢屋から 浅溝スプール(30番スプール 8lb-100m)が出ます。

海外モデルは 150番スプール(16lb-100m)が標準らしいです。
その内、夢屋から出るのかもしれませんね。

 

19アンタレスには、シャフトが異なるので取付け出来ないとの事ですが、19アンタレス用も、ぜひとも夢屋で発売して欲しい。
こういう事ができないのもシマノの悪い所なんですが...