Spider's Fishing Blog

愛媛在住シーバスアングラーのブログです。

19アンタレスHG インプレッション

19 Antares HG

今年のフィッシングショーでの目玉商品となった 19アンタレス

 

発売初日から使ってますが、シーバスフィッシングにおいて最強のリールだと思います。(淡水仕様ですが)

 

 

スペック

  • 品番: HG RIGHT
  • ギア比: 7.4:1
  • 最大ドラグ力: 5.0kg (エキサイティングドラグサウンド)
  • 自重: 220g
  • スプール寸法: 34/19mm MGLスプール3
  • スプール重量: 13.4g
    PE1.5-160m: 18.6g (DCMD 空スプール(18.9g)よりも軽い)
  • ナイロン糸巻量(LB): 12-100m、14-90m、16-80m、20-65m
  • PE糸巻量(号): 1-240m、1.5-160m、2.0-120m
  • 最大巻上長: 79cm/回転
  • ハンドル長: 42mm(84mm)
  • ベアリング数: 10/1
  • 本体価格: 58,000円

 

検討したベイトキャスティングリール

近年、タックルの入れ替えをしていて、軽いものから中くらいのルアーを投げられるベイトキャスティング・リールを探してました。

 

他に 18アンタレスDCMD XG も所有してますが、スプールに重い磁石の入っているDCブレーキリールでは 軽いルアーが投げられません。
ですので、DCブレーキリールは候補から外してます。

 

16メタニウムMGL

シマノで、ベストなリールといえば、16メタニウムMGLだと思いますが、やや艶のないシルバーカラーのあの色が嫌いでした。(使用されている方、ごめんなさい。)
重量が 175gと軽いのは捨てがたいですね。

また、15メタニウムDCも一時所有してましたが、16メタニウムMGLが発売された後、ボディが変更(16メタと共用)になって、SNS上で話題になってましたね。

 

2020/1/15 追記
2020年に メタニウムがモデルチェンジされます。
19アンタレスを彷彿させるスペックです。
MGLスプール3 搭載なのですが、シャフトの長さが異なる為、19アンタレスとの互換はありません。
夢屋の浅溝スプールが出るのですが、19アンタレスには付かないそうです。
(蓋が閉まりませんでした。)

 

18バンタムMGL

次に、候補に挙がったのが、昨年発売された 18バンタムMGL
アルミボディで堅牢な作りで、なおかつコンパクト、重量は重めの 215g
しかし、バンタムMGLは、PEで使うにはブレーキが強めとの評判

夢屋18バンタムMGL 浅溝スプールを買うか、シマノカスタマーセンターに送って、ブレーキシューをSサイズに交換してもらうか...
どちらにしても、二度手間になるため、昨年の発売当初から躊躇してました。


昨年、シマノに電話したところ、「バンタムのブレーキシュー交換は受け付けてない」と言われたのも購入を見送った理由でしたが...(現在は、交換できます。)

 

18アルデバランMGL

本命は、18アルデバランMGLでしたが、今までフィネス系のベイトリールは使ったこともなく、32mmスプールなのに XGが無いのも購入に至らない点でした。(ギヤ交換が面倒だし...)
ただ、135gと軽く、「これなら左巻きもありかなぁ」とも考え、悩みの種でした。

 

ただ、このレンジのウェイトだと、スピニング・タックルともろに被るので、そんなに慌てて購入しなくてもよいのかなぁと思い、後回しに...

 

19アンタレスの発表

そんな中、今年(2019)のフィッシングショーで登場した 19アンタレスでした。
SNSでも賛否両論で、34mmスプールはアンタレスでは無いとか...
重量は 220gと 18バンタムよりも 5g重い

 

でも、自分の中では「これしかない!」と発表と同時に、なじみの釣具屋さんに予約してました。

 

時を同じくして 19スコーピオンMGL も発売されましたが、同じ34mm径スプールでも、25mm幅のワイドスプールだったので、PEラインで使うのであれば、あまりメリットも感じ無いだろうなと思いました。

 

糸巻量も、PE1.5が150mきっちり巻けるし、PEで使うなら19mm幅のナロースプールの方がメリットもありそうです。(糸噛みや、ライン痩せ等)

 

著名なYoutuberが「ルアーが鳥に運ばれる感覚」といった無重力な感じもよくわかります。


ナロースプールで、サミングもすごくしやすい。

 

スプールのブランキング(穴)も無いので、PEに浸み込んだ海水をボディ側にまき散らす心配もない。

 

MGLスプールの完成系といったリールですね。

 

特にサイドキャストで、ルアーの伸びが顕著にでます。
すげー感動です。

 

早春のシーズンでは、7gの程度のバチ抜けルアーから、RB55などの5g台のマイクロベイトルアーなどを使い、きちんと結果を出してくれました。

飛距離もよく伸び、さすがアンタレスの系譜といったところ

ナイトゲームで、よく使うルアーのほぼ全てが気持ちよく投げられます。

 

メーカーの推奨しない、ソルトでの使用ですが、早めの水洗いと分解整備をしているせいか、5か月使用しても、きれいなメッキボディはピカピカに輝いたままです。

 

注意: メッキボディは、隙間に海水が入ると電蝕が起きて、腐食が始まります。
綺麗に洗いましょう。

 

 

美しい 19アンタレスだけは、カスタムしないで使ってます。 

このリールで、KTFの超軽量スプールが発売になれば更に無敵になるかもしれません。

 

あとは、これに合うロッドを手に入れれば、自分のソルトゲームタックルが完成するのですが...

 

ああっ物欲が止まらない...

 

 

 

19アンタレスのブレーキについて

19アンタレスですが、SNS上でブレーキが利かないなどの投稿がよく出てます。

 自分も購入したての頃は、ブレーキシュー4個すべてOn、外部ダイヤルMaxでもバックラッシュしてました。

 

 シマノの遠心ブレーキ(SVSインフィニティ)ではよくある現象ですが、ブレーキパイプにオイルが付着している場合、ブレーキが利かなくなります。

 

ブレーキパイプを綿棒や、キッチンペーパー等でふき取りましょう。

また、ココのベアリングに注油の際には、余分なオイルをふき取った方が良いです。スプール回転時に遠心力でオイルが飛び散りブレーキシューやパイプに付着すると、ブレーキが利かなくなります。

 

自分のブレーキセッティングは、内部ブレーキシュー 1~2個Onで外部ダイヤルはルアーによって調整する事が多いですね。メカニカルブレーキは若干締め気味の方が飛距離が出ます。
ナイトゲームで風が強い日は、内部ブレーキシューを多くしたりもしますが、おおむねこのセッティングで使用しています。


ブレーキシューも、16メタニウムMGL以降の、New SVSインフィニティ・リールとは異なり、19アンタレス専用パーツになっているので、他の機種よりブレーキ力が弱めなのかもしれません。 

2020/9 追記

シマノサービスの NEW SVS∞(インフィニティ)ブレーキシュー交換 ページから 19アンタレス専用ブレーキシューの表記が無くなりました。
現在の発売中モデルは、他機種の Sサイズブレーキと同じになっているのかもしれませんね。(Web魚拓だけでも撮っておけばよかったです。)

 

自分のセッティングでは、PE1.5-150m、内部ブレーキシュー 1~2個On、外部ダイヤルは状況に合わせますが、ほぼ半分くらいから、Minまでの調整でほとんどのルアーを投げてます。

自分では内部ブレーキ少な目で、メカニカルを少し締めた状態が一番飛距離が出ています。

 

慣れてくれば、真っ暗な新月の夜でも、着水前にサミングできるようになりますよ。

 

 

PEラインを、NewSVSインフィニティリールで使用して、ブレーキが強すぎたり、弱すぎたりするという方は、シマノで、ブレーキシューの交換もしてくれます。

 

詳しくは、シマノカスタマーセンター NEW SVS∞(インフィニティ)ブレーキシュー交換 ページをご覧ください。

 

1年ソルトで使ってみて

f:id:spider-sw:20200515120720j:plain

2020/4/29 追記

海水使用NGの19アンタレスを 分解してみたけど、海水の影響で腐食や電蝕の後は見られませんでした。

ギヤボックス

ギヤボックス

海水の侵入を防ぐために、15 カルカッタコンクエスト300改造 強化ドラグ -撥水加工- が利いているのか、シャフトを伝わっての侵入もほぼ無く ギヤも綺麗なままでした。

 

クローム調の本体Aパーツの裏面にも 粘度の強い DG01グリスを薄く塗っておきます。

19アンタレス ギヤ

ギヤ

スモールルアーで、ドラグを滑らせて使うことも多いのでギヤ類は、ドラグカスで黒くなってましたが交換するほどでは無いので、洗浄後グリスアップして組付け

 

シマノ純正オイル

またしてもパッケージ変更になっていました。

f:id:spider-sw:20200501153529j:plain

DG06 はチューブタイプの方が、シリンジに入れやすいので、釣具屋さんを廻って補充しました。